気象予報士を目指している?資格取得の方法は?

気象予報士は、天気予報を行う事ができる資格です。気象予報士になるには、受験資格は必要ありません。試験は年に一度行われ、学科試験と実技試験が行われます。気象概況などの作成は重要ですので、実技の勉強は毎日行いスキルを磨かれることをお勧めします。気象予報士試験に合格し、気象庁長官の登録を受けることで気象予報士としての資格を得ることになります。気象予報士の資格を取得すると、民間の気象予報会社などで働くことができます。また各マスコミなどで気象予報の枠組みを作ることも可能になります。毎日空の動向を見て気象庁発表の概況と、ご自身独自で作った概況を見比べるなどをして、天気予報のセンスアップを図られることをお勧めします。気象予報に関しては感性も必要になるようです。