おまとめローンは銀行と消費者金融、どちらがおすすめですか?

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などは金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますからおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということでweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて低金利な上に来店不要という点も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れてこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

両者の決定的な違いは消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできませんが、銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

参考:オリックス銀行はおまとめローン審査が通りやすい?

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますがアウトな人でも審査に通る策が無いか考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。