自営業住宅ローン審査を通るには?頭金が絶対に必要?

マイホームを購入する際は頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!と言った様な広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
長年の夢だったマイホームを目指して新生銀行でのフラット35を組んだのに、金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。
その理由として考えられる原因はいくつかあります。
貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。
他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。
過去に一回でも支払いが出来なかった方は、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。
もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。
スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。
この先、しばらく付き合っていく新生銀行での住宅ローンを申し込みたい方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。
思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。
でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。
なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。
もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。
半分も新生銀行でのフラット35などの長期固定金利住宅ローンを返せていない中で離婚する夫婦は、返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。
特に未成年の子供がいる家庭の場合、ローンだけでなく家族を養うためのお金や場合によっては慰謝料が発生します。
まず、名義人や連帯保証人などの契約内容を調べ後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。
多少なりともお金に換えるために家を売り渡す場合には、査定金額よりもローンの方が大きくなってしまうと、残りの金額を全て負担しなければなりません。
大きな金額を扱う商品なだけに慎重に取り決めを行いましょう。

自営業住宅ローン審査通るには?【頭金・年収基準甘い銀行!】